避妊具には「コンドーム」や「ペッサリー」などの他に「子宮内避妊用具(IUD)」というものがあります。子宮内避妊用具で有名なものとしては避妊リングがあります。当サイトでは、避妊リングの使用方法や効果について詳しくご紹介いたします。

プロゲステロンの減少とピルの避妊効果

経口避妊薬ピルには、エストロゲンやプロゲステロンと同様の働きをするホルモンが含まれています。プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、主に卵巣の黄体から分泌されて、妊娠を維持する作用があります。このホルモンを服用すると避妊できるのは、ネガティブフィードバックという効果を利用しているためです。
女性の体は約28日周期で、さまざまなホルモンを順番に分泌しています。排卵が起きるのは脳下垂体から卵胞刺激ホルモンが、また視床下部から黄体化ホルモンが分泌され、卵巣を刺激することによります。脳下垂体や視床下部は、血液中のホルモンの濃度によって、分泌のタイミングを計っています。ピルを服用して、血液中にプロゲステロンが十分な濃度で存在すると、すでに妊娠しているので排卵の必要はないと判断し、排卵を促すホルモンの分泌を止めてしまいます。その結果、卵巣の活動は休止し排卵が抑制されます。
ほかにもプロゲステロンには、子宮内膜を薄く柔らかくする作用があり、受精しても着床しにくくなります。さらに子宮頚管の粘膜の粘液を濃く、粘り気を強くする作用もあり、この部分を精子が通過しにくくします。こうした何重もの効果によって、妊娠の確率を低く抑えることができます。
ピルの服用をやめれば血液中のプロゲステロンの濃度が減少し、体は正常なサイクルに戻るため、次の周期からは妊娠が可能になります。ピルを常用していると妊娠しにくくなると誤解している人もいますが、通常はそのような副作用はありません。月経周期が規則正しくなり、生理痛が軽減されるというメリットもあります。ただしタバコを吸う人では、血栓症のリスクが高くなるというデメリットもあるため注意が必要です。