避妊具には「コンドーム」や「ペッサリー」などの他に「子宮内避妊用具(IUD)」というものがあります。子宮内避妊用具で有名なものとしては避妊リングがあります。当サイトでは、避妊リングの使用方法や効果について詳しくご紹介いたします。

臭いのない経口避妊薬で望まない子供の妊娠を回避

 カップルや結婚した場合においてもしばらくは経済的な事情や考え方などの理由で子供をまだしばらくはつくりたくないと考えている人々も中にはいます。そのようなときには、避妊については気をつけておくべきことといえます。
 避妊をする方法としては、性交渉を行う際に事前にピルを使用したりコンドームをきちんとしておくことや月経のサイクルをきちんと理解しておくことでコントロールしやすくします。
 ピルについては基本的には無臭ですので、臭いなどを気にする必要についてはありません。国内においてはまだあまりピルの服用については一般的とはいえない面がありますが、海外の国々においてはごく普通にピルが使用されています。
 ピルの飲み方としては、毎日決まった時間に決まった量を飲んでいくことが基本となります。効果については飲み始めて最初で現れるので即効性があります。飲み始めについては生理が始まった日を最初としておき、これを21日間続けておきます。ただピルを飲み始めて少し経過するまでは、コンドームを性交渉時に併用するようにします。
 21日間続けて飲んだら7日間については休みます。ピルには21粒タイプと28粒タイプがありますが、28粒タイプの商品のうち7日分は偽薬が入っています。飲み忘れを防ぐ目的であえて偽薬を入れて販売を行っています。ですのでピルの中身については全く同じです。
 正しい経口避妊薬の服用を守っている限りは望まない妊娠をする可能性は限りなく低くなります。しかし、妊娠をめぐる悩みをもしも抱えている状態の場合には産婦人科などの医師とも相談をした上で決めていくほうが良いです。
 ピルを飲み忘れた場合で性交渉を行ってしまい不安があるというケースもありますが、そのような場合においては緊急避妊をするという方法もあります。この方法は72時間以内に行うのが前提となります。その場合の対策としては緊急避妊ピルを飲むのが一般的です。