避妊具には「コンドーム」や「ペッサリー」などの他に「子宮内避妊用具(IUD)」というものがあります。子宮内避妊用具で有名なものとしては避妊リングがあります。当サイトでは、避妊リングの使用方法や効果について詳しくご紹介いたします。

避妊せず膣内に挿入をする性行為をすれば妊娠の可能性

避妊をせずに膣内に挿入をすると、少なからず妊娠の可能性が出てきてしまいます。
まず、避妊をしたからといって確実に妊娠を避けることができるというわけではなく、コンドームやピルの使用をしていても100パーセント妊娠を防ぐことができるわけではありません。
性行為をすれば妊娠をする可能性というのは、必ず出てくるものであるため絶対に妊娠をしたくないと考えているのであれば、できるだけ確率の高い方法を取ることが大切です。

絶対に妊娠をしたくないのであれば、性行為を行わないことが一番の理想ですがそれができないのであれば、より確率の少ない方法を選ぶことがベターだといえるのです。
実際には人間というのは妊娠をしにくい動物であるため、妊娠をしやすい日に性行為を行ったとしてもそれほど高い確率で妊娠をするわけではありません。
しかし、これは確率の問題ではなくできてしまっては困る以上リスクは最小限に抑える必要があります。

いくら妊娠をしにくいといっても、全く避妊をしないで性行為をする場合と避妊をした場合では確率に大きな差がでますから、しっかりと避妊をしておけばほぼ妊娠の心配をしなくて済むという程度にまでリスクを抑えることができます。
妊娠は怖いけれども性行為を我慢することができないというのであれば、できるだけリスクを下げることが重要であり、そのためには決して避妊をしない性行為というのは避けることが大切です。
また、正しい避妊をすることも重要な事であり安全日といった概念や膣外射精といった、避妊効果の極めて低い方法を選ぶと全く意味がありませんので、コンドームやピルといった確率の高い方法を用いて望まぬ妊娠を防ぐようにしましょう。