避妊具には「コンドーム」や「ペッサリー」などの他に「子宮内避妊用具(IUD)」というものがあります。子宮内避妊用具で有名なものとしては避妊リングがあります。当サイトでは、避妊リングの使用方法や効果について詳しくご紹介いたします。

避妊リングの効果と卵巣への影響

避妊を目的に用いられることが多いのがピルですが、定期的に飲む必要があったり飲み忘れのリスクがあったりもします。その為、使用することの煩わしさを感じる声もあるようです。ピルを使用するのには抵抗がある時には避妊リングを導入してみるのも良いでしょう。
これは子宮内に特殊な器具を入れて避妊をするといったものです。因みに以前はリングタイプの器具でしたので避妊リングと呼ばれていますが、現在ではT字型の器具を用いることが殆どとされています。
メリットとしてはピルのような手間がないことです。1度挿入すると大体2年~5年程度はその効果が続くとされていますので簡単に避妊をすることができます。また、効果に関してもピルと同等な為、しっかりと妊娠を予防することが可能です。
長期の避妊を希望する場合ですとコストが安く済むのもメリットと言えます。5万円前後の費用が必要になりますが、長期的にピルを使用する場合と比較するとコストを小さく抑えることが可能です。
避妊リングを挿入した場合、卵巣などに悪影響になってしまうことはないのかと言えば、安全性は高い施術とされていますので安心して受けられます。もし妊娠を希望する場合はリングを取り外すことによって妊娠することもできます。
ただしデメリットもありますが、まず月経量や月経痛が増える可能性がありますのでそういった煩わしさを感じてしまうことがあると言えるでしょう。
リングの位置がずれてしまったり抜ける可能性があるのもデメリットです。ですから定期検査が必要になってしまいます。
メリットだけでなくデメリットもある施術ですが、しかし手間のない避妊ができますので妊娠を希望しない時に選ばれることがあるようです。